産経ニュース

自然光のみで作品表現 水戸芸術館で現代美術家・内藤礼さん個展

地方 地方

記事詳細

更新


自然光のみで作品表現 水戸芸術館で現代美術家・内藤礼さん個展

「生」の内と外の関わりを表現したという作品=27日午後、水戸市五軒町(上村茉由撮影) 「生」の内と外の関わりを表現したという作品=27日午後、水戸市五軒町(上村茉由撮影)

 水戸市五軒町の水戸芸術館現代美術ギャラリーで28日から、展覧会「内藤礼-明るい地上には あなたの姿が見える」が開催される。内藤礼さん(56)は、光や風などの自然を取り入れた空間作品で国内外に知られる現代美術家。国内では4年ぶり、同館では初めての個展となる今回は、照明器具を一切使わず、自然光のみで作品を表現する。10月8日まで。

 内藤さんが個展の構想を練り始めたのは2年ほど前。何度も同館に足を運び、終日ギャラリー内に差し込む光の様子を眺めながら考えたという。

 天窓などから光が入ってくる明るい部屋を「地上の生の内」、窓のない薄暗い部屋を「地上の生の外」として表現。天井から糸で小さなガラス玉がつり下げられている部屋や、繊細で神秘的な色合いの絵画作品が並べられた部屋などを経て、明るい空間を薄暗い部屋から眺める構成になっている。ただ、内藤さんが「生の内と外は本当は分けることができない。両方から働きかけ、慈悲ともいえるまなざしを送りあっている」と語るように、全8室で大きな一つの作品となっている。

 自然光のみで鑑賞するため、9月1日からは閉館時間が通常の午後6時から午後5時に変更になる。

 また同館では、同展覧会の開始に合わせ、28日から現代美術ギャラリーの一般料金を800円から900円に引き上げる。入場無料となる対象者を、これまでの「中学生以下・65歳以上」から「高校生(およびその同年代)以下・70歳以上」に変更する。(上村茉由)

このニュースの写真

  • 自然光のみで作品表現 水戸芸術館で現代美術家・内藤礼さん個展
  • 自然光のみで作品表現 水戸芸術館で現代美術家・内藤礼さん個展
  • 自然光のみで作品表現 水戸芸術館で現代美術家・内藤礼さん個展