PR

地方 地方

【高校野球神奈川大会】東海大相模、「らしくない」拙攻・失点重く

Messenger

 序盤から相手を圧倒する野球「アグレッシブ・ベースボール」を掲げる東海大相模、「エンジョイ・ベースボール」を旗印とする慶応と、異なるチームカラーを持つ両校の対決となった北神奈川大会の準決勝第1試合。東海大相模は二回に先制するも、中盤に6失点。攻撃では拙攻が目立つなど「らしくない」展開を強いられた。

 「生井に抑えられ、生井に打たれた」。試合後、東海大相模の門馬敬治監督は悔しそうに話した。小松、山田の1、2番コンビと、県下屈指の強打者・森下を中心とする強力打線が強みの一つだったが、この日は慶応の先発左腕・生井が上回った。打線は12安打を放ったが、好機ではことごとく生井を打ちあぐねる。七回には3者連続空振り三振をくらった。

 対照的に、慶応は好機で一本が出た。四回には1死満塁の好機で9番の生井が適時三塁打を放つなど、4得点。七回にも2死走者なしから追加点を挙げるなど、効率的な攻撃で東海大相模を追い詰める。

 東海大相模にとっては、エース・斎藤の投球も誤算だった。ピッチャーライナーが直撃するアクシデントがあったとはいえ、6安打を浴びて自責点は5。四回途中での降板を余儀なくされた。

 だが、最終回には底力を発揮した。先頭の山田が出塁。大黒柱の森下が三振に倒れるも、4番・上杉が二塁打を放って、6番・井上にも適時二塁打が飛び出し、2点を奪った。「簡単には終わらせない」と粘りを見せた。春夏連続出場はならなかったが、門馬監督は「選手は全力でやった」とねぎらった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ