PR

地方 地方

【小・中学校将棋団体戦】広沢小・群大附中、予選で敗退

Messenger

 東京都台東区の浅草橋ヒューリックホールで26日、「文部科学大臣杯第14回小学・中学校将棋団体戦」(産経新聞社・日本将棋連盟主催)の東日本大会が行われた。

 県代表の桐生市立広沢小と群大附属中は、リーグ予選を突破できず、決勝大会進出はかなわなかった。

 広沢小の井野叶大(かなた)君(6年)は「県大会とは違う。相手がとても強かった。気合や勢いがあって、中盤以降の攻めが段違いだった」と話した。

 群大附属中の椛沢(かばさわ)大輝(だいき)さん(2年)は「県大会と全然違う。会場が広く、相手も強かったので最後まで緊張してしまった。とても悔しい。来年も出場して、リベンジを果たしたい」と意気込んだ。同中で唯一の白星をあげた樺沢倖介(こうすけ)さん(3年)は「最初は緊張していたが、最後の対局は自分らしい将棋を指すことができ、勝てたのでうれしかった」と喜んだ。

 ◇予選リーグ結果

 【小学校】

 桐生市立広沢小(松井恒志郎、井野叶大、小野里大星)第1戦●1-2○神奈川▽第2戦●0-3○千葉▽第3戦●0-3○長野

 【中学校】

 群大附属中(椛沢大輝、河村明、樺沢倖介)第1戦●0-3○埼玉▽第2戦●0-3○東京▽第3戦●1-2○富山

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ