PR

地方 地方

【高校野球千葉大会】東京学館浦安・増田龍一選手 あと一歩「悔いはない」

Messenger

 九回表2死三塁。三塁手の増田は三走が塁から離れ、ホームを狙っているのに気づいていた。捕手の遠藤と目が合い「アウトにできる」。2球目、遠藤が隙をついて三塁に送球。三走は急いで戻ったが間に合わなかった。最終回を無失点に抑え、駆け寄ってきた遠藤と肩を組んで喜んだ。

 先発メンバーのうち2年生が5人。下級生が実力を発揮する中、上級生としての意地があった。「プレーで引っ張って、2年生を刺激したかった」と振り返る。これが2日前の市船橋との準決勝で見せた劇的な逆転サヨナラ適時打につながり、チームを決勝の大舞台に導いた。

 だが、中央学院は手ごわかった。投手の失投を見逃さず、四回には連続本塁打を打たれた。一方、東京学館浦安は甘い球も打ち損じてしまい、力の差を見せつけられた。

 甲子園への切符は目の前に見えたが、あと一歩のところで相手に奪われた。試合終了と同時に涙があふれ、2年生の下村に「最後くらいかっこいいところ見せよう。胸を張っていこう」と励まされた。「悔いは残っていない。楽しかった」。閉会式終了後、涙が乾いた笑顔で取材に答え、球場を後にした。(橘川玲奈)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ