PR

地方 地方

【小・中学校将棋団体戦】東日本大会 茨城・黒内小と並木中等は決勝大会逃す

Messenger

 同じ小中学校に通う3人で1チームを編成して棋力を競う「文部科学大臣杯 第14回小・中学校将棋団体戦」(産経新聞社、日本将棋連盟主催)の東日本大会が26日、東京都台東区の浅草橋ヒューリックホールで行われ、県代表として守谷市立黒内小(同市百合ケ丘)と県立並木中等教育学校(つくば市並木)の2チームが出場した。両チームとも熱戦を繰り広げたが、予選リーグを突破できず、決勝大会進出はかなわなかった。

 黒内小の佐藤丸君(6年)は「県大会と違って、相手がささいなミスを見逃してくれなかった。すごく先まで読まれている印象を受けた。1勝もできなくて悔しい」と話した。

 並木中等教育学校の青柳博紀さん(3年)は「(3回戦で対局した東京の開成中Bは)『強い』の一言。焦って感覚的に指してしまうことが多かった。もっと時間を使って考え、論理的に指すべきだった」と対局を悔やんだ。

 同校の青木響生(ひびき)さん(1年)と山下逞磨(たくま)さん(1年)は「東日本大会に出場する選手の強さを実感した。自分たちには来年もあるので、今度は決勝大会進出を目指して出場したい」と意気込んだ。 (永井大輔)

 ◇予選リーグ結果

 【小学校】

 守谷市立黒内小(村上千紘、佐藤丸、土山敬大)第1戦●1-2○神奈川▽第2戦●1-2○山梨▽第3戦●1-2○山形

 【中学校】

 県立並木中等教育学校(青柳博紀、青木響生、山下逞磨)第1戦●1-2○神奈川▽第2戦○2-1●富山▽第3戦●0-3○東京

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ