PR

地方 地方

時速500キロにビックリ 山梨県のリニア体験参加者1万人突破

Messenger

 県が平成27年5月から県民を対象に始めた「リニア体験乗車」の参加者数が26日、1万人を突破した。約900人が試乗し、時速500キロを体感した参加者からは「速さに驚いた」など9年後に予定される開業を期待する声が上がった。

 体験乗車は30分ほど。JR東海のリニア実験センター(都留市小形山)を基点に、山梨リニア実験線(上野原市秋山-笛吹市境川町小山、42・8キロ)を約1往復半した。

 車両はL0系(5両編成)。カメラを手に、車内モニター画面に映される走行の様子や時速表示を撮影する人の姿も。

 北杜市の元会社員の男性(71)は「速かった。新幹線並みの時速300キロまで減速したとき、徐行しているように感じた。時速500キロはそれほど速かったのですね」と満足した様子だった。

 体験乗車はJR東海と県が実施しており、県内外の延べ9万人超が参加している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ