PR

地方 地方

【小・中学校将棋団体戦】「もっと強くなりたい」 長野県勢、予選リーグで敗退

Messenger

 東京都台東区の浅草橋ヒューリックホールで26日、「文部科学大臣杯 第14回小・中学校将棋団体戦」(産経新聞社、日本将棋連盟主催)の東日本大会が行われ、県代表の伊那市立伊那東小、長野市立通明小、伊那市立東部中は予選リーグで敗退。8月9日に行われる決勝大会進出はかなわなかった。

 大会を終え、伊那東小の中畑和将君(6年)は「本当に楽しかった。これからも将棋を続けて、もっと強くなりたい」と話した。通明小の柳沢水詞君(3年)は「とても強い相手で驚いた。大会は終わってしまったけど、すぐ練習したい」と次を見据えた。

 東部中の松沢咲さん(3年)は「県外に出て対局することはめったにないので新鮮な大会だった。予選敗退は悔しいが、大事な局面で全体を見ることができるようになって進歩したい」と、明るく話した。

 ◇予選リーグ結果

 【小学校】

 伊那市立伊那東小(中畑和将、堀米真喜、堀米真爾)第1戦●1-2○東京▽第2戦○2-1●秋田▽第3戦●1-2○富山

 長野市立通明小(古林正義、酒井悠安、柳沢水詞)第1戦●1-2○埼玉▽第2戦●1-2○東京▽第3戦○3-0●群馬

 【中学校】

 伊那市立東部中(松沢咲、中畑太翔、鈴木麻弘)第1戦●1-2○埼玉▽第2戦○2-1●神奈川▽第3戦●1-2○東京

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ