PR

地方 地方

【高校野球千葉大会】中央学院、夢の夏切符

Messenger

 第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会は26日、ZOZOマリンスタジアムで西千葉大会の決勝が行われ、中央学院が東京学館浦安を6-2で破り、初の夏の甲子園出場を決め、閉幕した。中央学院は昨年の秋季関東大会で優勝し、今春の全国選抜大会に出場、春夏連続での甲子園出場を果たした。

 中央学院は一回表2死二塁から4番・大谷が中前打を放ち二走・平野が生還し、先制点を奪った。その裏、東京学館浦安も3番・長尾の左越え二塁打で二走・増田龍一を生還させ、1点を奪い返した。

 同点で迎えた四回表、中央学院は大谷が右越え、5番・池田が左越えの2者連続本塁打を放ち、六回表にも8番・手塚の左越え二塁打を含む3安打で3点を加え、試合を決めた。

 東京学館浦安は五回裏、代打・内山の中前打で1点を返したが、中央学院の西村に6安打に抑えられ、涙をのんだ。

 中央学院は8月5日に阪神甲子園球場(兵庫県)で開幕する全国大会に、東千葉大会優勝の木更津総合とともに出場する。組み合わせ抽選会は同月2日、大阪市北区のフェスティバルホールで行われる。

                   ◇

 ▽西千葉大会決勝

 【ZOZOマリンスタジアム】

 中央学院  100 203 000-6

 東京学館浦安100 010 000-2

(中)西村-池田

(学)池田、常世田、吉川-遠藤

 ▽本塁打=大谷、池田(中)▽三塁打=西村、青木(中)▽二塁打=手塚(中)、長尾(学)

                   ◇

 ◯中央学院・相馬幸樹監督「甲子園に行くのに大谷の本塁打は必要不可欠だった。西村も完璧な投球でよく頑張った。ずっと春夏連続甲子園出場のために頑張ってきたので甲子園でも中央学院らしい野球がしたい」

 ◯中央学院・池田翔主将「苦しい試合だったがチーム一丸となって勝ててよかった。大谷が打ってくれたので自分も続けてチームを勢いづけることができた。先輩が成し遂げられなかった甲子園出場を果たして、うれしく思う。この先も自信を持って戦いたい」

 ●東京学館浦安・橋口孝司監督「中央学院との経験の差が出た。『冷静に』と選手に声を掛けたが、四回表で相手を追い込みながらも甘いボールを投げるなど、勝負を急いでしまう場面があった。2年生が多く、チームがまとまらなかった時期もあったが、3年生はよく頑張った」

 ●東京学館浦安・高橋晶主将「きょうは守備は良かったが、攻撃でミスが多く、点を取り切れなかった。今大会は常に挑戦者として試合に臨んできた。下級生には『周りをよく見て、気配りができる選手になって』と伝えたい」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ