PR

地方 地方

「県代表に恥じぬ戦い」誓う 山梨学院野球部主将ら優勝報告

Messenger

 第100回全国高校野球選手権山梨大会で優勝した山梨学院(甲府市酒折)の吉田洸二監督と清水雄登主将らが25日、後藤斎知事と樋口雄一市長に優勝を報告し、全国大会への決意を述べた。

 県庁で清水主将は「練習で努力を重ねて優勝できた。県のすべての高校の代表として恥ずかしくない戦いをし、優勝旗を持ち帰れるよう戦う」と誓った。後藤知事は「体調管理に気をつけ、思いを爆発させてください。みんな、応援しています」と激励した。

 甲府市役所では、吉田監督が「まじめな子が多く『勝負ではどうかな』と思うときもあったが、やればできるということを教えられた」と話した。

 樋口市長は「酷暑のなかで素晴らしい戦いだった。甲子園でも一戦一戦を勝ち抜き、まだ見ぬ風景を県民にみせてほしい」と激励した。

 全国大会は8月2日に組み合わせ抽選会が行われ、同5日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ