PR

地方 地方

【高校野球静岡大会】常葉大菊川3年・根来龍真選手 良き女房役、待望の一発

Messenger

 五回裏、相手投手の直球をはじき返したとき「感触はよかった。外野まではいく」と直感した。想像を超え、打球はフェンスを越え本塁打に。「良い援護ができた」と、好投している榛村の女房役としても一安心した。

 2年生の夏は準々決勝で敗退。その悔しさをばねにチームの4番として、自身に足りない長打力を鍛えるため、チーム練習後に毎日2時間のバッティング練習を追加。食事量も増やし、スクワットなどで下半身を鍛えてスタミナをつけた。

 二枚看板の漢人、榛村とバッテリーを組む捕手として、「漢人は直球を軸に、榛村はテンポ良く投げさせる」など両者の特性を生かしながらリードし、今大会で両者を完投勝利に導いた。一方、バッティングは、主将・奈良間の好調すぎる成績を意識して体が硬くなり、4番としての結果を出せずにいた。

 めぐってきた第3打席。ベンチから「割り切ってこい」と声を掛けられリラックスして打席に立つことができ、今大会で初めての本塁打につながった。

 1年生のときは甲子園での先輩たちの雄姿をスタンドから見ていた。その憧れの甲子園のグラウンドが手の届くところにまできた。「あのときと同じものを後輩たちにも味わってもらいたい」と残り一勝に挑む。 (吉沢智美)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ