PR

地方 地方

【高校野球東東京大会】帝京、二松学舎が猛打で圧倒

【帝京-東亜学園】二回2死満塁、帝京・4番田中悠我が満塁本塁打を放つ=25日、神宮(佐藤徳昭撮影)
Messenger

 第100回全国高校野球選手権記念大会東東京大会は25日、神宮球場で準々決勝残り2試合が行われた。

 帝京は4番田中悠我が満塁弾を放つなど二回までに7点をリードした。東亜学園は八回、5安打などで4点を奪うも、昨年に続く4強入りはならなかった。堀越は初回、1点を先制するが、二松学舎大付がすかさず反撃。堀越は五回コールドで涙をのんだ。

 東東京の準決勝は27日、神宮で関東第一-二松学舎大付、帝京-小山台が戦う。

 ■東東京

 【神宮】

 ▽準々決勝

 東亜学園 000 001 041- 6

 帝  京 250 000 03×-10

 (東)東、高須、細野、斉藤-仲本、中谷

 (帝)白石、松沢、白石-竹田

 ▽本塁打=田中(帝)▽三塁打=島田(東)▽二塁打=岩本、橋本翔(東)、白石2、田中(帝)

 堀    越 100 00 - 1

 二松学舎大付 500 42x-11

        (五回コールド)

 (堀)宮野、石川-小柳

 (二)香山、大庭-山田

 ▽三塁打=平間(二)▽二塁打=保川(二)

                   

 ■きょうの試合

 ◇西東京◇

 ▽準決勝

 【神宮】

 日大三-東海大菅生 (午前10時)

 日大鶴ケ丘-国士舘 (午後0時半)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ