PR

地方 地方

【高校野球神奈川大会】東海大相模、薄氷の4強

第100回全国高校野球選手権北神奈川大会、慶応-桐蔭学園。桐蔭学園の主将・星野太河。強烈なリーダーシップで伝統校を率いてきた=24日、横浜市中区の横浜スタジアム
Messenger

 第100回全国高校野球選手権南・北神奈川大会(県高野連など主催)は24日、県内2球場で北神奈川大会の準々決勝4試合が行われた。

 横浜スタジアムの第1試合、桐蔭学園-慶応戦で、慶応は2点ビハインドの五回、2番・大川、3番・下山の連続適時二塁打などで3点を取り、逆転に成功。七回には4番・広瀬に駄目押しとなるソロホームランが飛び出し、6-4で準決勝進出を決めた。

 第2試合の相模原-東海大相模戦で、東海大相模は初回に5点を失う。中盤に追いつくも、勝ち越しを許し、6-8で迎えた最終回、先頭の山田が二塁打で出ると、3番・森下に本塁打が飛び出して同点。最後は途中出場の井上がサヨナラ適時打を放ち、辛くも勝利した。

 保土ケ谷球場の第1試合、桐光学園-弥栄戦で、桐光学園は二回、4番・鈴木の適時三塁打などで5得点。弥栄は16安打と安打数では上回るも、あと一歩及ばず、桐光学園が10-7で勝利を収めた。

 第2試合の白山-横浜商大高戦で、横浜商大高は初回、先制を許すも、二~七回まで両校得点なしの投手戦に。だが、八回に同点に追いつくと、九回には四球の押し出しでサヨナラ勝ちした。

 25日は試合がなく、26日に横浜スタジアムで南神奈川大会の準決勝2試合が行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ