産経ニュース

ユーカリ毒素をコアラは選別 京都大がゲノム解析

地方 地方

記事詳細

更新


ユーカリ毒素をコアラは選別 京都大がゲノム解析

 オーストラリア東部に生息する有袋類のコアラが、主食であるユーカリの葉が持つ毒を苦味として感じ、食べられるものだけを選ぶように進化したとみられることが、ゲノム(全遺伝情報)解析の結果、分かった。京都大霊長類研究所の早川卓志特定助教らが参加する国際チームが米科学誌ネイチャージェネティクス電子版に発表した。

 チームによると、ユーカリは毒性成分を含むため、ほとんどの動物は食べられない。コアラは腸内の細菌でこの毒を分解し、主食としていることが知られていたが、遺伝的背景は明らかになっていなかった。

 今回のゲノム解析で、コアラは舌で苦味を感じる遺伝子を他の哺乳類より多く持っていることが判明。ユーカリの毒を苦味として鋭敏に感じ、毒性があまり高くないユーカリの葉を選んでいると考えられるという。嗅覚に関する遺伝子や肝臓での解毒作用に関わる酵素の遺伝子の数も多く、オーストラリア東部に多く分布するユーカリを主食とすることに遺伝的に適応していた。