PR

地方 地方

自民党の石破茂元幹事長が群馬・下仁田町視察 新建材CLTの建物など

Messenger

 自民党の石破茂元幹事長は24日、下仁田町を視察に訪れた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)「世界遺産」の蚕種貯蔵所「荒船風穴(あらふねふうけつ)」や、新建材「CLT」(直交集成板)を採用して建設された「下仁田町交流防災ステーション」などを見学した。

 「CLTで地方創生を実現する議員連盟」の会長を務める石破氏は、「CLTが新しい日本を作るのは間違いなく、地方の雇用と所得を産む」と強調。ステーションでは、壁の木材について「厚さはどのくらいか」「ぬれには強いのか」など興味深げに質問をしていた。その後、石破氏は下仁田産のネギやコンニャク、シイタケを使用したコロッケを試食。「名産品を一度に食べられる」と満足げに話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ