PR

地方 地方

岩手県民の警察官・消防職団員に2氏 9月18日表彰式

Messenger

 ■一関警察署南駐在所長・小山高広警部補

 ■釜石市消防団第4分団・野田光利分団長

 地域の安全安心に長年貢献してきた警察官と消防職団員を顕彰する第60回「岩手県民の警察官・消防職団員」(産経新聞、岩手めんこいテレビ主催)の受章者に24日、一関警察署南駐在所長の小山(おやま)高広警部補(56)=写真上=と、釜石市消防団第4分団の野田光利分団長(71)=同下=が決まった。表彰式は9月18日午後2時から盛岡市松尾町の盛岡劇場で行われる。

 熊谷祐三盛岡ガス会長を委員長とする選考委員会が同日、盛岡市のエスポワールいわてで開かれ、県警や消防、行政関係者、経済界などから委員11人が出席し、審議の結果、満場一致で2人を受章者に決めた。

 小山警部補は宮城県気仙沼市出身。地域警察官として30年あまり、平成元年からは夫人を同伴して7カ所の駐在所に勤務。地域に溶け込んだ安全活動や交通安全活動に尽力し、県警本部長表彰を7回、県警各部長表彰を9回、警察署長表彰を59回受けている。

 野田分団長は釜石市出身。消防団員として42年、幾多の火災現場で消火作業に従事、団員を指揮して延焼拡大を阻止し、被害軽減に尽力してきた。県消防協会の功労章、消防庁長官表彰の永年勤続功労章、日本消防協会の精績章などを受けている。

 【選考委員】熊谷祐三盛岡ガス会長▽石川哲県公安委員長▽高石将也県警警務部長▽山田剛県警首席監察官▽石崎昭彦岩手トヨペット専務▽浅子和則東日本旅客鉄道盛岡支社総務部長▽佐々木隆県総合防災室長▽村井淳県市長会事務局次長▽寺口長吉盛岡地区広域消防組合消防本部消防次長▽大森忠雄県消防協会長▽佐々木幸延県消防協会事務局長(順不同、代理出席者を含む)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ