PR

地方 地方

【高校野球新潟大会】中越10得点、猛攻で夢切符 エース山本、11奪三振完投

Messenger

 第100回全国高校野球選手権新潟大会は24日、新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで決勝が行われ、中越が60年ぶりに決勝に進んだ新発田を10-1で破り、優勝を果たした。夏の甲子園大会出場は2年ぶり11回目。新発田は中越のエース・山本に封じ込められ、初の県大会制覇には手が届かなかった。全国選手権大会は8月2日に組み合わせが決まり、5日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。 (松崎翼)

 試合が動いたのは三回、中越は先頭の1番・長岡の死球や盗塁などで1死三塁とすると、強打を誇る3番・坂井の「ベルトより高いボールを狙い、遠くに飛ばすことを意識した」という犠飛で先制に成功する。さらに四球からチャンスを広げた中越は5番・山田の適時内野安打、6番・安達大の右中間適時二塁打で2点を追加し、試合の主導権を握る。

 新発田はその裏、2死から1番・新保、2番・中沢の連打で一、二塁と好機をつくるも後が続かず、中越の山本を打ち崩せない。

 中越は六回、1死から9番・小出が敵失で出塁。続く1番・長岡が犠打で得点圏に走者を進めると、2番・品田の中前適時打、3番・坂井の右中間適時二塁打で2点を奪い、リードを広げる。八回には主将の4番・小鷹の「思い切って振れた」という右越え本塁打などで4得点。九回にも加点し、新発田を突き放した。

 新発田は八回の裏、無死一、三塁から2番・中沢の内野ゴロの間に1点を返したものの、反撃はこれが精いっぱいだった。

 中越の山本は「試合後半は自分らしく直球で攻めることができた」と、1失点11奪三振の完投で新発田に隙を与えなかった。

                   ◇

 ○中越・本田仁哉監督「本当に感動している。気持ちの強い主将がチームをしっかりまとめてくれた。とても苦しい試合の連続だったが、大きな節目である100回大会の甲子園への出場は非常にうれしい。目に見えない支えがあって勝てた。甲子園では県をしっかり背負い、必ず勝利で恩返しをしたい」

 ○中越・小鷹葵主将「決勝は投打がかみ合い、山本もよく投げ抜いてくれた。自分の力だけでは間違いなく、ここまで来られなかった。支えてくれたみんなに感謝したい。自分たちの野球をして23年ぶりに甲子園で勝ちたい」

 ●新発田・菅勝監督「チームは日に日に成長し高校生の無限の可能性を感じさせてくれる大会だった。悔しい気持ちでいっぱいだが、ナイスゲームだった」

 ●新発田・日野一世主将「公式戦で2回勝つことを目標にしていたチームが、準優勝することできた。中越は隙がなく、本当に強かった」

◆新発田3年 当摩信之介投手 仲間がいたから投げ続けられた

 五回、2死満塁の場面でマウンドに上がった。切れのある直球で相手打者を三振に仕留め、ピンチを見事に切り抜けた。「自分のボールを投げるだけだったが、声援で力をもらって抑えることができた」。スタンドに駆け付けた大応援団に感謝した。

 2年の秋からエースを任され、投球動作を繰り返すシャドーピッチングなどで武器とする直球の精度に磨きをかけてきた。しかし、準決勝の十日町戦で肩を痛めてしまう。決勝の先発は2年の新田に譲った。

 リリーフで登板したものの、終盤にかけて追加点を許し、中越の強力打線を抑えられなかったが、九回途中まで全力投球した。「声を掛けてくれる仲間がいたからこそ、投げ続けることができた」

 悲願の甲子園初出場はかなわなかったが、今後も野球は続けるつもりだ。「できれば本調子で臨みたかった。ただ、自分たちの野球を貫けば結果は必ず付いてくる」。夢の実現を託したバトンを後輩たちに渡した。 (太田泰)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ