PR

地方 地方

ふじみ野など、埼玉知事に聖火リレー誘致要望

Messenger

 ふじみ野市と富士見市、三芳町は23日、上田清司知事に2020年東京五輪の聖火リレーの誘致を要望した。富士見市の星野光弘市長、ふじみ野市の高畑博市長、三芳町の林伊佐雄町長が同日、県庁を訪れ、飯島寛副知事に要望書を手渡した。県内の聖火リレーの日程は7月7~9日の3日間で、すでに20市町が誘致要望書を提出している。24日には県庁でルート案を検討するため、「県聖火リレー実行委員会」の初会合が開かれる。

 県は国際オリンピック委員会(IOC)の規定や市町村の意見、県民アンケートなどを参考にしてルート案を決め、12月末までに大会組織委員会に提出。組織委は来夏に聖火リレーのルートを公表する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ