PR

地方 地方

【高校野球茨城大会】明秀日立・細川拓哉投手 「ここが終わりではない」

明秀日立のエース・細川拓哉選手=22日午前、ひたちなか市民球場
Messenger

 昨秋、エースナンバー「1」を譲り受けた。重責に応えるため、体作りと投げ込みに力を入れてきた。体重は約8キロ増。スライダーの変化に加え、ストレートの切れもよくなった。

 昨夏の王者、土浦日大との一戦。金沢成奉監督から「攻めてばかりでなく、冷静に考えることも大事」と声をかけられた。ただ、細川自身は土浦日大の気迫に飲まれ、投げ急いでしまったという。

 金沢監督は「細川は全国トップクラスの投手。簡単には打たれない」とチームを鼓舞していたが、試合後は「細川にプレッシャーをかけすぎた」と後悔の表情をのぞかせた。

 「ここが終わりではない。プロに行きたい」。甲子園出場の夢は破れたが、将来の夢は譲れない。エースは涙を見せず、プロ野球(横浜DeNA)で活躍する兄、成也の姿を追う。(永井大輔)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ