PR

地方 地方

【千葉聞き歩き】いすみの戦略

昨年8月7日に大原海水浴場で行われた映画「万引き家族」の撮影風景(いすみ市提供(C)2018「万引き家族」製作委員会)
Messenger

 海水浴シーズンがやってきた。外房の大原海水浴場に、今年はどれくらい人出があるのか、いすみ市の関係者が気にしている。

 カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、大ヒット中の是枝裕和監督の「万引き家族」で同海水浴場がロケ地となったためだ。昨夏の人出は約1万人と前年を下回った。話題作の力で、減少傾向に歯止めをかけたいところだ。

 世界が認めた傑作を引き当てたのは偶然ではない。市と商工会が連携し、ロケ地の観光資源化を目指しているロケツーリズムの戦略が実った。

 大きなロケの際は、地元の漁師料理などの差し入れを忘れない。市民にエキストラ登録を呼びかけ、いつ撮影依頼があってもいいよう体制を整える…。こうした地道な取り組みが東京の制作会社などの評判を呼んだのか、テレビや映画のロケ地に選ばれる機会が増えた。「万引き家族」も昨年7月に問い合わせがあり、是枝監督が現地を訪れ、同海水浴場に決まった。翌月には撮影が行われた。

 市によると、6月末までのこの3年で137件のロケが行われた。市役所1階には、同市でロケをした芸能人のサイン色紙が多数展示されている。大原漁港で撮影された映画「昼顔」で主演を務めた上戸彩さんのサインもあった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ