PR

地方 地方

【高校野球長野大会】佐久長聖が逆転で栄冠

Messenger

 全国高校野球選手権長野大会は22日、松本市野球場で決勝を行い、佐久長聖が4-3で上田西を破り、2年ぶり8回目の優勝を決めた。春の県大会決勝と同じ組み合わせとなり、総合力の上回る佐久長聖が意地を見せ、悲願としていた夢舞台への切符を手にした。佐久長聖は、8月5日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕される全国大会に出場する。 (斎藤有美)

                   ◇

 春の県大会決勝と同じ顔合わせとなった。佐久長聖は初回に2点を先制され、追いかける展開に持ち込まれる。だが、逆転に成功すると、春の大会と同様、最後は粘る上田西を退けた。

 上田西は初回、先頭打者の斎藤が内野安打で出塁すると、相手のミスを逃さずに2点を先制。佐久長聖もその裏、上神と西藤の連続安打で1点を返す。

 その後は六回まで、緊迫した投手戦の展開に。佐久長聖の主将、真銅は「後半勝負だと思っていたので、焦りはなかった」と振り返る。

 試合が動いたのは七回。上田西の井出が二塁打を放ち、横尾の中前適時打で生還。点差は2点となり、流れは上田西に傾きかけた。だが、佐久長聖はその裏、反撃に出て、主導権を引き戻す。

 1死から1番・真銅が右越え二塁打を放つと勢いに乗り、上位打線が爆発。2番・上田の右前適時打で1点を返し、4番・西藤の右中間フェンス直撃二塁打で同点。5番・樋口の中越え三塁打で勝ち越し、決勝点を奪った。

                   ◇

 ■仲間たたえるエース

 スタンドからは大歓声がわき起こり、樋口は滑り込んだ三塁上で何度もガッツポーズを繰り返した。「まっすぐの甘い球を狙った。絶対に打つという強い気持ちだった」。勝負へのこだわりが最高の結果をもたらした。

 逆転しても試合は終わっていない。主将、真銅は「次、行くぞ」と仲間に声をかけ、気を引き締めた。

 何としても点を返したい上田西は九回、2死二塁まで走者を進めるも、最後の打者が空振り三振に打ち取られ、ゲームセット。

 佐久長聖のエース、林は疲れを感じさせない気迫の投球で終盤でも144キロの球速を記録。「初回に点を取られたが、その裏にすぐ1点返してくれた。うちの打線は本当に心強い」と仲間をたたえた。

 第1シード校として挑んだ今大会。準々決勝までの4試合はすべてコールド勝ち。準決勝で岡谷南を6-3で破り、決勝でも地力をみせつけた。

 圧倒的な総合力で県大会を勝ち抜いても、藤原弘介監督は、選手への注文を忘れない。「甲子園に行って、さらにうまくなってほしい」

 

 ▽決勝

 【松本市野球場】

 上田西   200 000 100-3

 佐久長聖  100 000 30×-4

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ