PR

地方 地方

【高校野球青森大会】八戸光星、猛追振り切る

八戸学院光星・福山優希投手
Messenger

 第100回全国高校野球選手権の福島、青森、岩手の3大会で22日、決勝戦が行われ、福島は聖光学院が12年連続15度目、青森は八戸学院光星が2年ぶり9度目、岩手は花巻東が3年ぶり9度目の出場を決めた。

 福島大会決勝は聖光学院が2本塁打を含む17安打で福島商を15-2と圧倒、夏の甲子園で戦後最長の連続出場記録を12に伸ばした。

 青森大会決勝では八戸学院光星が序盤、中盤と効果的に得点を重ね、終盤、追い上げる弘前学院聖愛を6-4で振り切った。

 岩手大会決勝は終盤まで息づまる攻防となったが、花巻東が最終回に2点を奪い逆転、4-3で盛岡大付の3連覇を阻止した。

                   

 八戸学院光星が終盤の追い上げを振り切って、全国切符をつかんだ。

 光星は初回、相手先発の下山の立ち上がりをとらえ、3番・長南と6番・矢野の適時打で2点を先制。二回以降も主戦・長久保の投球を見極めて好球を逃さず長短打で効果的に攻め、六回までに下山の本塁打などで4得点を挙げて主導権を握る。投げては先発の福山が直球とスライダーを駆使し、五回の本塁打の1点で抑えた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ