PR

地方 地方

【高校野球岩手大会】花巻東、執念の逆転劇

Messenger

 六~八回は西舘勇陽(2年)にマウンドを譲ったものの、再登板で期待に応えた。普段は感情を表に出さない。優勝の瞬間、あふれた涙は「まだ仲間と野球ができると思った」から。

 今春に続いての甲子園。頂点を目指し「内野ゴロを打たせ、流れをつくる。一戦一戦力を注ぐ」と闘志を燃やした。(土樋靖人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ