PR

地方 地方

お得にフレンチ楽しめます 9月22日からレストランウィーク、九州・沖縄は73店参

フランスレストランウィークをPRする篠原和夫氏(右から2人目)ら=福岡市中央区
Messenger

 フランス料理をお得に楽しむ国内最大級のフランス料理イベント「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2018」が9月22日から10月8日までの17日間、全国約600店のフレンチレストランで開かれる。

 今年で8回目。「トレ・ボン!日本のテロワール」をテーマに、九州・沖縄からは初参加の21店を含め、計73店が料理を提供する。

 このうち、佐賀県からは「フレンチテーブル ラ・セゾン」(佐賀市)と「フランス料理 ブイヨン」(伊万里市)が出店する。

 各店ともシェフが九州産の野菜や海の幸をふんだんに使い、食材の魅力を引き出していく。

 イベント期間中は、ランチ(2500円か5千円)やディナー(5千円の限定コースメニュー)などを、サービス料込みの一律価格で気軽に楽しめる。

 これに先立ち、今月19日には「レストラン カズ」(福岡市中央区)で試食イベントが開かれた。オーナーシェフの篠原和夫氏は、豚肉に桃などを添えたメーン料理に、デザートではミルクアイスを提供した。

 篠原氏は「常に生産者への敬意を忘れず、九州でしか味わえないフレンチを全国、世界に広めたい」とPRした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ