PR

地方 地方

【高校野球栃木大会】白鴎大足利・高橋諒大選手 攻守で貢献、チームに勢い

Messenger

 五回1死一、三塁、白鴎大足利・高橋諒大(りょうた)は代わったばかりの青藍泰斗・高久立樹也(りきや)の内角低めの直球を振り抜いた。打球は左翼へ飛び、貴重な先制点をもたらした。「何とか単打でつなごうという思いで打った」という一打は、チームが目指す「泥臭い野球」の象徴だ。

 春季県大会はけがで、スコアラーとして試合を見守った。大会後、腰の不安のため遊撃手から二塁手へコンバートされ、チームも課題の守備を徹底的に鍛え直そうとしていた時期で、まさにゼロからのスタート。「守備練習は地味。しかし守備から攻撃の流れも作っていくという意識がチームで統一できた」。数え切れないほどノックを受けて慣れない二塁手の動きを体に染み込ませた。

 この日は外野へ抜けそうな打球を何度も好捕し、守備でチームに勢いを付けた。打っても3打席連続適時打。内野安打を含め、全てが単打。主将の中山晃太郎は「2年とは思えないほど率先して声を出し、チームをまとめてくれる。打撃も高橋ならつないでくれるという安心感がある」と信頼を寄せる。泥臭く1点を狙う白鴎大足利の野球を体現する2年生が、甲子園へのキーマンになりそうだ。(根本和哉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ