PR

地方 地方

【高校野球群馬大会】健大高崎・関東学園大付が4強

Messenger

 第100回全国高校野球選手権県大会は21日、上毛新聞敷島球場で準々決勝2試合を行い、高崎健康福祉大高崎(健大高崎)と関東学園大付が準決勝に駒を進めた。

 初回から山下の二塁打などで1点を先制した健大高崎は、四回にバントを着実に決めて3得点。続く五回に3点を追加した。六回に伊勢崎清明の鈴木の適時二塁打で1点を返されたが、粘る相手を振り切り、七回コールドで制した。

 関東学園大付は、三回に岡本の本塁打で一気に3得点。勢いに乗り、四、六回にも1点ずつ追加した。投げては、エース高橋が8回を被安打5の無失点に抑え、藤岡中央の打線を圧倒。5-0で勝ち上がった。

 

 ▽準々決勝

 【上毛新聞敷島球場】

 健大高崎  100 330 2-9

 伊勢崎清明 000 001 0-1

 (七回コールド)

(健)吉田、柳沢、久保田、清水-大柿

(伊)安原、関、荒木-更科

 ▽三塁打=高山(健)▽二塁打=山下、久保田(健)、鈴木(伊)

 藤岡中央  000 000 000-0

 関東学園大付003 101 00×-5

(藤)門馬-鈴木

(関)高橋、柴田-来須

 ▽本塁打=岡本(関)▽二塁打=柴田(関)

                   ◇

 ■対伊勢崎清明…接戦覚悟も大勝

 健大高崎は七回コールドで伊勢崎清明を退けたが、本塁打はゼロ。投げては四回まで登板した先発の吉田が被安打3の無失点に抑え粘り強い投球を見せた。

 青柳博文監督は、伊勢崎清明のエース安原を「多彩な投球をする良いピッチャー」と評価し、「接戦覚悟で挑んだが、こんなに点が入るとは思わなかった」と満足げに語った。

 一方、敗退した伊勢崎清明の斉藤宏之監督は「こんなに精度の高いバッティングは初めて見た」と健大高崎打線をたたえ、「安原がどのくらい通用するか楽しみだった。一定のところまでは通用したと思う」と晴れやかな表情で語った。

 ◇藤岡中央3年 門馬亮投手 雪辱果たせずも エースの意地

 両者譲らず迎えた三回裏。無死一、二塁で打席に立った関東学園大付・岡本への2球目の内角直球は、コースは良かったが、レフトスタンドに運ばれた。

 「失投ではないのに。打ったバッターはすごいな」

 多少落ち込んだが、すぐに気持ちを切り替え、その後は2失点に抑えた。

 「藤岡から甲子園出場を」

 地元の期待を背負い、140キロ超のキレのある直球でチームを引っ張ってきた。1年生の秋からエースを任されたが、2年目の夏は2回戦で大泉に敗退した。

 失投が続き大量失点を許しても、3年生は責めることなくエースをサポート。点を取り返し、延長戦へ持ち込んでくれた。その姿に「少し天(てん)狗(ぐ)になっていた自分が本当にばからしくなった」と意識が変わった。

 ますます投球練習に打ち込み、秋大会では4強入りを達成。遠投の練習を積んでフォームを改善し、3年目の夏を迎えた。

 関東学園大付は、秋大会の準決勝で敗れた因縁の相手。雪辱を誓い、挑んだ試合だった。

 チームは最後まで笑顔で戦った。0-4で迎えた六回、無死一、三塁のピンチ。マウンドに守備陣が集まった。仲間の声に「気持ちを入れ直すことができた」。この回に1失点したが、八、九回は連続して三者凡退に抑え、エースの意地を見せた。

 今後は、大学進学も視野にプロを目指す。さらなる大舞台へ目を輝かせ、力強く語った。

 「今までやってきたことは無駄じゃない」 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ