PR

地方 地方

【高校野球長野大会】決勝は佐久長聖-上田西

Messenger

 高校野球選手権長野大会は21日、松本市野球場で準決勝2試合を行った。第1試合は、第1シードの佐久長聖がノーシード公立校の岡谷南を6-3で下し、第2試合は、第2シードの上田西がBシードの松本国際を4-3で退けた。佐久長聖は7年連続、上田西は2年ぶりの決勝進出となった。佐久長聖は8回目の制覇がかかり、上田西は3回目の甲子園出場を目指す。決勝は22日午前10時から同球場で行われる。(斎藤有美)

                   ◇

 準々決勝で優勝候補の松商学園を破り、勢いに乗る岡谷南。初回表、先頭打者の小池が二塁打で幸先良く出塁すると、五味の右前適時打で小口が生還し、1点を先制した。

 しかし佐久長聖はその裏、西藤と鈴木が連続適時打を放って逆転すると、五回は西藤が本塁打を放つなど一挙に4点を追加し、大きく引き離す。西藤は「前の打者がストレートを打ったので、次は変化球だと分かった。4番の役割を果たせた」と話した。

 岡谷南は六回、佐久長聖のミスに乗じ2点を返すも、その後、反撃の糸口をつかめず、佐久長聖のエース林に抑え込まれた。

 藤原弘介監督は「林が粘り強い投球を見せてくれた」と、計8三振を奪った好投をたたえた。決勝については、苦戦を強いられたこの試合で反省点を得られたとした上で、修正を図って臨むと決意を新たにした。

                   ◇

 強豪の私立校同士が接戦を繰り広げた。上田西は初回、斎藤が右前安打を放ち出塁し盗塁にも成功。後続が続き、1点を先制。二回に松本国際が八剱、津袮鹿の連続安打で1点を返すと、その後はシーソーゲームの攻防となった。

 松本国際のエース、後藤は気迫のある粘りの投球を見せるも、上田西は3-3の同点で迎えた九回2死、荒井が二塁打を放つと、続く宮坂が左越えの適時二塁打を放ち、決勝点を奪った。

 後藤は「『ツーアウトからが野球』ということを忘れていた。自分の甘さで、チームのみんなに申し訳ない」と涙を落とした。

 上田西は昨夏、準々決勝で佐久長聖に敗れ、今春は決勝で涙をのんだ。小井出主将は「厳しい戦いになる。自分たちは甲子園で勝つのが目標。それに向かって全力で頑張りたい」と闘志をたぎらせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ