PR

地方 地方

【夏の高校野球県大会】松本国際、岡谷南4強

Messenger

 高校野球選手権長野大会は19日、松本市野球場で準々決勝2試合を行った。Bシードの松本国際と、ノーシードの岡谷南が大金星をあげ、ベスト4に進出した。21日には準決勝が行われ、佐久長聖と岡谷南、松本国際と上田西がそれぞれ激突する。(久保まりな、斎藤有美)

                   ◇

 第1試合は、第6シードの松本第一とBシードの松本国際との対戦になった。

 松本第一は初回、沢井が四球で出塁すると、荻原の適時打で先制。二回裏を三者凡退で抑えるなど流れをつかんだかのように見えた。だが、三、四回と点を奪われ、逆転を許す。

 松本国際は三回1死満塁から、2年生の豊田が2点二塁打を放って勝ち越し。四回にも福本が右越えの2点二塁打を放ち、試合の主導権を握った。逆転の口火を切った豊田は「厳しい直球だったがしとめられた。あれでチームの雰囲気が良くなった」と話した。

 投げては、先発右腕の後藤が粘る松本第一に得点を許さず、7安打1失点に抑えて完投。森田一弘監督は「後藤が1点に抑えてくれたのが、大きかった」と振り返った。決勝進出をかけた上田西戦には「全力でぶつかっていくだけ」と意気込んだ。

 第2試合はノーシードながら勝ち上がった岡谷南と、連覇を狙う松商学園との対戦。岡谷南は初回、四球や打線をつないで2点を先制した。二回には、2死二、三塁から五味の適時打で2得点。一気に流れを引き寄せた。

 エース直江を温存していた松商学園は、四回から直江を登板させて反撃の機会をうかがう。五回、先頭打者の土井が安打で出塁すると、続く山本の左前適時打で1点を加え、2点差に詰め寄る。

 突き放したい岡谷南は、先発の飯田に代わり六回から山岸が継投。「松商は負けて当然の相手だから負けても良い」と気持ちを楽にした山岸が、緩急を付けた投球で松商打線を抑えた。九回には、直江から追加点を挙げ、ベスト4進出を決めた。

 高校日本代表の1次候補にも選ばれた直江はベスト8での敗退に、「流れを呼び込む投球ができなかった。夏の高校野球の一発勝負の怖さを知った」と肩を落とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ