PR

地方 地方

地上イージス配備選定理由の質問状、山口県が再提出

Messenger

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地となっている山口県は、選定理由の説明などが不十分として、具体的な根拠を尋ねる小野寺五典防衛相宛ての質問状を、防衛省中国四国防衛局に出した。質問状提出は2回目。村岡嗣政知事は18日の記者会見で「なるほどと言える説明を聞きたい」と述べた。

 質問は52項目で、6月に開かれた候補地周辺住民向けの説明会で、出席者が防衛省側にただした内容が主な質問。陸上自衛隊むつみ演習場(同県萩市、阿武町)の選定理由について、他の自衛隊施設と比較した検討過程を明示することや、レーダーの電磁波が人や農畜産物に影響を与えないとする科学的根拠を示すよう求めた。山口県では今月21~23日に2回目となる住民説明会が開かれる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ