産経ニュース

宙づりスイカ11玉収穫 京都・峰山高弥栄分校生「大きく育った」

地方 地方

記事詳細

更新


宙づりスイカ11玉収穫 京都・峰山高弥栄分校生「大きく育った」

 府立峰山高校弥栄分校(京丹後市弥栄町)で19日、宙づりで栽培されたスイカの収穫が行われた。暑いビニールハウスの中で、生徒らが10本の苗から11玉を採り入れた。

 宙づりのスイカを育てたのは同校農園芸科3年、堂園将暉さん(18)と山田兼矢さん(17)。5月に苗を植え、世話をつづけてきた。同校での宙づりのスイカの栽培は昨年度、試験的に実施され、今年度は「課題研究」という授業の一環として行われた。

 最も大きいもので直径28センチ、重さ13キロに成長。宙づりでの栽培は、スイカを網に入れてつるす手間がかかるが、地面に着いた部分が白くなることがなく、タヌキなどに食われることも少ないという利点がある。

 栽培に携わってきた堂園さんと山田さんは「暑いハウスの中での作業は大変だったけれど、スイカが大きく育ってうれしい」と話していた。