PR

地方 地方

熱中症疑いで27人搬送 富士で60歳重体

Messenger

 県内各所で厳しい暑さが続いた19日、県内では少なくとも27人が熱中症とみられる症状で搬送された。このうち1人は意識不明の重体となっている。

 同日正午ごろ、富士市の民家で男性(60)が倒れていると男性の知人から119番通報があった。男性は病院に搬送されたが、意識不明の重体となっている。

 御殿場市では自宅にいた女性(91)と男性(87)の夫婦が病院に搬送され、それぞれ中等症、軽症と診断された。県消防保安課によると、午前11時ごろ、ケアマネージャーが発見。窓を閉め切り、エアコンもつけていなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ