PR

地方 地方

茨大生殺害の男に無期求刑 「動機に酌量の余地ない」

Messenger

 平成16年1月、茨城大農学部2年の女子学生=当時(21)=が殺害された事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死の罪に問われたフィリピン国籍のランパノ・ジェリコ・モリ被告(36)。19日に水戸地裁(小笠原義泰裁判長)で開かれた裁判員裁判の論告求刑公判で、無期懲役を求刑されたランパノ被告は通訳の言葉を聞くと、小さくうなずき、一瞬うつむく様子を見せた。

 検察側は論告で、偶然発見した女子学生を乱暴した上で、「口封じのため確実に死亡する方法で殺害した」として「強固な殺意に基づく、執拗(しつよう)で残虐な犯行」と指摘。「動機に酌量の余地はなく、有期刑が相当とはいえない」と糾弾した。

 弁護側は「若年の共犯者や飲酒の影響で思慮分別が乏しいまま犯行に及んだ」とし、「被告は後悔し、反省している」と訴え、有期刑を求めた。

 ランパノ被告は最終陳述で「心からの謝罪を伝えたい」と涙混じりに語り、頭を下げた。

 検察側の求刑に先立って遺族の意見陳述が行われ、女子学生の父親が検察官を通じて「幼いころから明るく優しい子だった。話したくても、あの頃には戻れない。悲しくむなしく、残念」と語った。

 これまでの公判でランパノ被告は起訴内容を大筋で認めているが、刃物で傷つけた回数などについては争う姿勢を示している。県警は昨年9月、遺体から検出されたDNA型などを基にランパノ被告を逮捕。国際手配となっている共犯の2人は19年に出国後、再入国しておらず、立件の見通しは立っていない。

 起訴状によると、ランパノ被告は16年1月31日午前0時から同6時半ごろまでの間、フィリピン国籍の男2人と共謀し、阿見町の路上で、女子学生を車に連れ込み、美浦村舟子の清明川に向かう車内で暴行を加え、手などで首を絞めた。さらに、清明川の河口付近で首を刃物で切るなどして殺害したとしている。

 判決は25日に言い渡される。(丸山将)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ