PR

地方 地方

群馬県知事、災害時の迅速な避難体制づくり検討へ

Messenger

 西日本豪雨による被害が広がる中、大沢正明知事は18日の定例会見で、住民に迅速な避難を促す体制づくりに向けて検討を開始する意向を示した。

 避難情報を伝える「防災行政無線(防災無線)」について、大沢知事は「(必要な場面で)聞き取れないのが実態で、大きな課題であると思う」と指摘。その上で、新体制の構築で災害避難計画を作り上げなければならないと訴えた。

 県は災害が少ないとされているが、「『今までにないから、慣れているからまさか来ないだろう』という思いがあり、それを打ち消すような避難対策でないと対応できない」と述べた。

 また、県に避難した被災者には県営住宅を提供するとともに、転校してきた児童や生徒を受け入れる準備を整えるよう国から要請があったと明かした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ