PR

地方 地方

【高校野球千葉大会】銚子商3年・松山竜平主将 気迫の2安打、チームを鼓舞

Messenger

 「直前でバウンドが変わって、うまく握れなかった」。四回裏2死二塁、送球エラーから逆転を許した場面を三塁を守るキャプテンは悔し涙を流しながら振り返った。ベスト8を前に涙をのんだ昨夏の雪辱を胸に「勝てばベスト8」の大一番に臨んだが、壁を乗り越えることはできなかった。

 兄・勇太郎さんも活躍した伝統校の銚子商。兄への憧れや「公立校で甲子園を目指したい」との思いから同校野球部の門をたたいた。

 途中スランプに陥り、「このままでは駄目だ」とプロ野球選手の動画を繰り返し見て研究し、個人練習で試した日々もあった。新チームとなってから先発に定着、選手からの推薦で主将にも抜擢(ばってき)された。沢田洋一監督も「先頭に立ってチームを引っ張る存在。彼のおかげでチームが崩れなかった」と評価する。

 この日の試合、四回に自らの失策で1-2と逆転されると、五回にはプロ注目の相手スラッガー、田宮の3点三塁打などで成田に1-6と大きくリードされた。最大5点差をつけられる苦しい展開にも「自分が取り戻す」と気迫で2安打を放ち、最後まで勝利を信じてチームを鼓舞し続けた。

 「夏は終わったが、グラウンドに顔を出して、後輩にも指導したい」。甲子園を目指した自らの戦いは幕を閉じたが、古豪復活に向け、グラウンドを離れても汗を流し続ける覚悟だ。(長谷裕太)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ