PR

地方 地方

【高校野球神奈川大会】慶応湘南藤沢「自分たちの野球」、シード追い詰め

Messenger

 シード校・立花学園に挑んだ慶応湘南藤沢はベンチ入り20人のうち、実に15人が付属中などから進学してきた「内部生」。そのうちの多くが、中高合わせて5年半を同じ野球部で過ごしてきたことから、「何でも言い合える仲」(主将の五十嵐)。この日は序盤に大量失点するも、培ってきた連帯感で打線が機能し、一時は同点に追いつくなどシード校を追い詰めた。

 先発した投打の柱・守安は制球が定まらない。高く浮いた球を捉えられ、序盤の2イニングで4失点と暗雲が垂れこめる。だが、二回途中から登板した杉原が好投。右やや横手からテンポのいい投球を披露し、打線の援護を待つ。

 0-5の四回、打線がつながる。2番・平塚が死球で出塁。3番・守安の左前打で無死一、二塁とすると4番・杉原が自ら適時二塁打を放ち、2点を返す。1死後、6番・木村が死球で出塁し、7番の五十嵐がライトへ適時打。相手の送球が乱れる間に2人目も返り、1点差に詰め寄る。

 五回には、またも杉原が犠牲フライを放って同点。試合の風向きは慶応湘南藤沢に傾きかけていた。だが、チームはその後のチャンスを生かせなかった。六回の2死三塁のチャンスで無得点に終わると、七回に相手打線が爆発。一挙4得点され、突き放された。

 五十嵐は試合後、「負けたが『ビッグイニングを作る』という自分たちの野球はできたと思う」と振り返った。長い時間を過ごしてきたチームメートについては、「けんかをすることもあったけど、互いを理解して何でも言い合える、仲のいいチームでした」と感慨深げに語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ