産経ニュース

県立高に医学コース 来年度から5校 医師不足解消へ 茨城

地方 地方

記事詳細

更新


県立高に医学コース 来年度から5校 医師不足解消へ 茨城

 大井川和彦知事は17日の記者会見で、県内で深刻となっている医師不足の解消に向け、県立高5校に「医学コース」を新設し、大学の医学部進学を目指す生徒を支援することを明らかにした。

 設置するのは水戸一高、土浦一高、日立一高、並木中等教育学校、古河中等教育学校の5校。平成31年度以降に入学する生徒が対象で、希望者は放課後などに、病院や大学と連携した体験学習や講演会を1年時から受けられる。職業倫理や高い目的意識を育てるのが狙い。2年時で本格的にコースに分かれ、医学部進学に特化した学習指導などが行われる。

 初年度は計200人ほどの希望者を募り、34年の大学入試で既卒生を含み100人の医学部進学を目指す。

 大井川知事は記者会見で「医師の確保は本当に厳しい状況にあり、特別扱いをしてでも医学部進学者を増やし、将来の茨城の医療を担う人材を育てたい」と話した。