PR

地方 地方

【高校野球千葉大会】検見川・平良虹凱選手 万能プレーヤー「悔いなし」

Messenger

 「3年間頑張ってきた。悔いは残っていない」。昨夏の県大会優勝校の強豪・木更津総合に敗れ、主将の小林らチームメートが悔し涙を流すなか、平良の顔は達成感に満ちていた。

 右翼手で先発し、五回裏で三塁手に交代。八回裏には5番手の投手としてマウンドに上がり、打者2人を見事に抑えるなど、さまざまなポジションでチームに貢献した。

 野球を始めた小学生時代は捕手、中学からは内野手に転向したが、昨秋の新チーム結成後、酒井光雄監督から「全部守れるように」と言われ、内野手に加え、外野手や投手の練習も行ってきた。

 マウンドに上がったのは八回裏1死二塁で一打許せば、コールド負けになってしまうプレッシャーの掛かる場面。だが、ひるむことなく相手の打者2人を打ち取った。「低めに抑えられたのがよかった」と振り返り、「緊張しなかった。ピンチのときには投手としてマウンドに行くことになっていたから」と明かす。

 打撃面でも、七回表、先頭打者として右前安打を放ち、好機を演出。得点はならなかったが、4番の役割を果たした。

 全力で強豪・木更津総合に挑んだが及ばなかった。「チームの皆を信頼して、支え合ってここまで来られた」と最後まで涙はみせず、笑顔で球場を後にした。(橘川玲奈)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ