PR

地方 地方

子供の学習支援の人材育成へ 甲府市があすセンター開設

Messenger

 甲府市は18日、学習支援のボランティア育成や子供の服のリユース(再利用)を行う拠点として、同市国母に「子ども応援センター」に設ける。市所有地にあるJAの建物の1階を改装して開所する。

 同センターは、市が策定した「子ども未来プラン」の取り組みという。同市子ども未来部総務課によると、センターは各地域で子供たちの学習を支援するボランティアを育成。すでに支援活動をしている団体もサポートする。

 県と市町村が昨夏に実施した子供の生活に関するアンケートで、保護者や子供から学習指導を受け、何でも相談できる場がほしい-との回答が半数以上を占めた。

 このため、同市は6月に策定した「子ども未来プラン」の柱として、子供の居場所となる拠点の整備を掲げた。

 このほか、資源の有効活用などの取り組み、子供の社会参画と国際感覚を養う機会の創出-も打ち出した。センターはこれらを実現する第一歩としての役割を目指す。

 生活に追われる子育て世帯などの経済的な負担を軽くするため、学校の制服や体操服など学用品のリユース事業も行う。

 樋口雄一市長は今月9日の定例会見で、「地域ぐるみで“子育ち”を応援し、子供たちが礎となり、明るい未来を築くことを期待している」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ