PR

地方 地方

【高校野球神奈川大会】橘「私学に勝つ」、初戦手応え

Messenger

 住吉相手に快勝したシード校の橘は昨夏、4回戦進出も、東海大相模に1-11でコールド負け。以来、「心身ともに甲子園」を合言葉に、技術・精神両方の強化を図ってきた。今大会は「私学にも勝てる」と虎視眈々と上位進出を狙う。

 「力がついたように感じた」。試合後、4番で捕手を務める新里は手応えを口にした。序盤こそピンチを迎えるも、左翼手・福田のファインプレーなどで無失点。そして四回、「毎回得点」を目指して練習に励んできた打線が機能した。

 安打や死球などで2死満塁とすると、守備でも活躍した福田が先制の適時三塁打。続く堤にも適時二塁打が飛び出して4得点。以降もコンスタントに塁上を走者でにぎわせ、終盤にも得点し、チームとして練習の成果を発揮した。

 昨夏の東海大相模戦。強豪が展開するスピーディーな攻撃に対応できなかった。そんな苦い経験も踏まえて、新チームはケースバッティングなど実戦練習に多くの時間を費やした。昨夏、2年生ながら試合に出場し、グラウンドで悔しさを味わった新里は「一つのミスで相手に流れがいくことを知っている。だからこそ、普段から『1球』にこだわってきた」と話す。

 日ごろの練習から「勝つぞ!」とナインが口々に言い合うなど、「打倒私学」を旗印にお互いを高め合ってきた。新里は「今日はフライアウトが多く、課題もあった。しっかり改善して次も頑張りたい」と意気込んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ