PR

地方 地方

六甲山カンツリーハウスで「真夏の雪まつり」 子供ら「気持ちいい」

六甲山カンツリーハウスで雪遊びを楽しむ家族連れら=神戸市灘区
Messenger

 六甲山のレジャー施設・六甲山カンツリーハウス(神戸市灘区)で人工雪を使った恒例イベント「真夏の雪まつり」が開催されている。

 造雪機で生み出した約140トンの人工雪で約400平方メートルの遊び場を特設。六甲山は夏の避暑地として親しまれており、標高約850メートルにある同施設は市街地より気温が5度程度低いという。

 気象庁によると、15日の同市内の最高気温は33・2度。県内各地で30度を超える真夏日となった。強い日差しが差すなか、子供たちは元気いっぱいに雪遊びを楽しんでいた。この日は雪の中からボールを探す「宝さがしゲーム」も行われ、伊丹市の小学1年、石川由芽さん(6)は「冷たくて気持ちいい」と喜んでいた。9月9日まで(同3~7日は開催しない)。問い合わせは同施設(電)078・891・0366。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ