PR

地方 地方

【高校野球長野大会】ベスト16出そろう

Messenger

 高校野球選手権長野大会は15日、4球場で3回戦8試合を行い、日本ウェルネス、小諸、岡谷南などが4回戦に勝ち進み、ベスト16が出そろった。

 小諸は、初回から点数を積み重ね、2回戦をコールドで勝ち上がった大町岳陽を八回コールドで下した。

 岡谷南は、初回に1点を先制。その後、赤穂に一時は逆転を許した。それでも七、八回にそれぞれ3得点し、競り勝った。

 日本ウェルネス-岡谷工は、中盤まで無得点の接戦を繰り広げたが、日本ウェルネスが六回に2点を奪って均衡を破った。七、八回にも追加点を奪い、投げてはエース高山が好投し、岡谷工の打線を封印。八回コールドで制した。

 小諸商は、長野日大に7得点し七回コールド勝ち。このほか、中野西、松本国際、上田千曲、長野西がベスト16入りを決めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ