PR

地方 地方

山梨知事選へ自民県連、候補者選考委設置へ

Messenger

 来年2月の任期満了に伴う知事選に向け、自民党県連は14日、県選出国会議員と県議の全体会議を開き、「候補者選考委員会」設置と、9月上旬をめどに選考することを了承した。前回選挙で野党系の現職へ相乗りした批判を踏まえ、「自民系候補の擁立を図り選挙に臨む」としている。

 会議後の会見で森屋宏県連会長は、現職の後藤斎知事を候補者とする可能性について、「あらかじめだれかを排除するものではない」と述べ、現職という選択肢にも含みを残した。

 また、自身の出馬については、「個人的な立場を述べる場面ではないので控えさせていただく」として言及を避けた。

 候補者選考委員会は、森屋氏を含め、県選出国会議員5人と県連8役の県議8人で構成。委員長に皆川巌県連会長代行を選出した。次回29日の委員会では選考ルールなどを決める。

 知事選では、後藤知事が今秋にも再選出馬を表明する考えを示唆。元参院議員の米長晴信氏は先月、取材に対し立候補の意向を表明した。森屋氏は複数の県議に不出馬の意向を伝えている。共産党県委員会は17日に候補者を発表する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ