産経ニュース

「西の河原露天風呂」、限定で男湯混浴 群馬

地方 地方

記事詳細

更新


「西の河原露天風呂」、限定で男湯混浴 群馬

 草津町の日帰り入浴施設「西の河原露天風呂」は今月から11月まで、「ふろの日」の毎月26日に、男湯を夜間限定で混浴にする。草津白根山の白根山の噴火警戒レベルの引き上げに伴う観光客の減少を食い止める狙いがあり、カップルや家族連れの誘客を図る。

 混浴の時間帯は午後6時~9時で、男女とも自前の水着か、有料(400円)で貸し出す湯あみ着を着用して入浴する。女湯は通常通り、女性専用で営業する。混浴が好評なら、実施期間を延長したり、回数を増やしたりすることなども検討する。

 施設は草津観光公社が運営し、大浴場は男湯と女湯を合わせて約500平方メートル。周辺は上信越高原国立公園の特別地域に指定され、日本有数の雄大な自然が楽しめる。入浴料は大人600円、子供300円。