産経ニュース

「国際Dシネマ映画祭」きょう開幕 オープニング作品に川口舞台の映画 埼玉

地方 地方

記事詳細

更新


「国際Dシネマ映画祭」きょう開幕 オープニング作品に川口舞台の映画 埼玉

映画「君がまた走り出すとき」の一コマ(C)2018川口市 映画「君がまた走り出すとき」の一コマ(C)2018川口市

 ロケ地の川口市については「荒川があり、住宅と町工場が混在する町並みや駅前の雑踏。川口にはさまざまな風景があることを実感した」と話す。撮影は晴天が多かった5月。「『スタート』と『カット』は自分が言いたかったので、カメラと一緒に走り回っていたら、真っ黒に日焼けしてしまって」と腕を見せながら笑みを浮かべた。

 中泉監督は昭和54年、茨城県生まれ。役者を目指し20代は劇団に所属。30歳のときに区切りをつけて映像の世界に飛び込んだ。現在は民放のドキュメンタリー番組の演出を担当。次回作については「一日も早く新しい映画を撮りたい。自分はまだ『職業、映画監督』とはいえない立場。そう名乗れるように頑張りたい」と意気込む。(大楽和範)

このニュースの写真

  • 「国際Dシネマ映画祭」きょう開幕 オープニング作品に川口舞台の映画 埼玉