産経ニュース

「国際Dシネマ映画祭」きょう開幕 オープニング作品に川口舞台の映画 埼玉

地方 地方

記事詳細

更新


「国際Dシネマ映画祭」きょう開幕 オープニング作品に川口舞台の映画 埼玉

映画「君がまた走り出すとき」の一コマ(C)2018川口市 映画「君がまた走り出すとき」の一コマ(C)2018川口市

 ■中泉監督「元気になれる映画」

 埼玉県や川口市などが主催する「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018」が13日に開幕する。平成16年に始まった映画祭も今年で15回目。これを記念して川口市を舞台にした映画「君がまた走り出すとき」がオープニング作品として上映される。メガホンを取ったのは映像ディレクターの中泉裕矢監督(38)。「登場人物がみんな一歩進む。その『進む瞬間』を見てほしい」と話している。

 川口市を舞台にした映画は、日本人男性で初めて東京や米ニューヨークなど世界6大マラソンを完走した同市在住の古市武さん(78)の生き方に触発された若者がマラソン大会出場を目指すというストーリーだ。

 主演は若手の寛一郎。長谷川初範や浅田美代子、松原智恵子らベテラン俳優陣も出演。中泉監督は「映画を見て嫌な気持ちにさせたくなかった。『明日も頑張ろう』と元気になれる、さわやかな映画をつくりたかった」と打ち明ける。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「国際Dシネマ映画祭」きょう開幕 オープニング作品に川口舞台の映画 埼玉