産経ニュース

福島から聖火リレー 復興と感謝、世界に発信 「被災地発に意味」「現実見て」

地方 地方

記事詳細

更新


福島から聖火リレー 復興と感謝、世界に発信 「被災地発に意味」「現実見て」

石巻市総合運動公園にある昭和39年東京五輪の聖火台。市の出発地誘致は実らなかったが、「福島も石巻もない。お互い頑張ろう」との声が聞かれた=12日、宮城県石巻市(塔野岡剛撮影) 石巻市総合運動公園にある昭和39年東京五輪の聖火台。市の出発地誘致は実らなかったが、「福島も石巻もない。お互い頑張ろう」との声が聞かれた=12日、宮城県石巻市(塔野岡剛撮影)

 2020年東京五輪の聖火リレーは福島から-。出発点に12日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で大きな被害を受けた福島県が決まったことに、東北では同県と岩手、宮城の被災3県を中心に「被災地発ということに意味がある」「リレーを通して被災地の現実を広く見てもらいたい」といった声が上がった。各県は県内でのコースなどの検討を進める。

 福島出発地に決まり、県庁内では歓迎の一方、「大変なことになった」と重責に身を引き締める声もあがった。

 被災3県での順序について、内堀雅雄知事は「2県とは一緒に苦しみながら復興へスクラムを組んできた。心を一つに機運を盛り上げたい」と呼びかけた。「大切なことは光と影の両面を発信すること。複合災害の影響の大きさを感じてもらえる機会をどうつくるか検討したい」とした。

 野球・ソフトボールの一部試合が市内の「あづま球場」で開催される福島市の木幡浩市長は「スタートは浜通りの被災地か、一部競技が開催され『FUKUSHIMA』の名を冠する福島市がふさわしいのでは」と期待を込めた。

 浜通り地域の楢葉町は「力強く復興する県と双葉地方の姿をアピールできる絶好の機会。『復興五輪』の名にふさわしい取り組みになる」との松本幸英町長のコメントを発表した。

続きを読む