産経ニュース

【高校野球栃木大会】千葉南3年・矢部莞太捕手 「来年は1勝を」笑顔で託す

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球栃木大会】
千葉南3年・矢部莞太捕手 「来年は1勝を」笑顔で託す

声を出し、チームメートと守備を確認する千葉南の矢部莞太捕手=千葉市稲毛区の県野球場(長谷裕太撮影) 声を出し、チームメートと守備を確認する千葉南の矢部莞太捕手=千葉市稲毛区の県野球場(長谷裕太撮影)

 「負けた悔しさもあるが、やりきった気持ちも大きい」。瞳を涙で濡らしながらも、ハッキリとした口調で試合の感想を語った。野球人生最後の夏と意気込んだ今大会。惜しくも初戦突破はならなかった。

 小学3年生から始めた野球。ポジションは主に捕手だった。中学で一度捕手から離れるも「高校ではもう一度捕手でプレーしたい」との思いから再び捕手に転向。最上級生の今年は正捕手として、チームを引っ張った。

 「チームがどうすれば勝てるか考え続けてきた」。苦手意識のあった打撃の改善のため、全体練習後に1人ティーバッティングに取り組む日々。感覚をつかみ始めたのは3年の春。「大振りせず、落ち着いてミートさせられる」と鈴木博史監督も評価し、4番に抜擢(ばってき)されるまでになった。

 今日の試合、打撃では安打が出ず振るわなかったものの、守備では「自分の声でチームが一呼吸置ければ」と苦しい場面でも大きな声を出し、仲間を鼓舞。チームのために出来る限りを尽くしてきた。

 「千葉南は最後まで我慢する野球が持ち味。それを継承して、来年は1勝できるよう頑張ってほしい」と最後はさわやかな顔で後輩に夢を託した。 (長谷裕太)