産経ニュース

聖火リレー、「世界に発信」絶好の機会 山梨県通過は6月27、28日

地方 地方

記事詳細

更新


聖火リレー、「世界に発信」絶好の機会 山梨県通過は6月27、28日

大勢の市民の声援を受けながら、大月市内を走る聖火ランナー=昭和39年10月7日(県提供) 大勢の市民の声援を受けながら、大月市内を走る聖火ランナー=昭和39年10月7日(県提供)

 2020年東京五輪で全国をめぐる聖火リレーの日程が12日、大会組織委員会から公表されたが、山梨県は全国の都道府県で42番目、同年の6月27、28日に通過することになった。昭和39(1964)年の東京五輪では、県内は国道20号の102・5キロ(82区間)を、計1886人の若きリレー隊員が走り抜けた。今後検討する選定ルートは、国道など幹線道路を中心とした案が有力となりそうだ。 (松田宗弘)

 県オリンピック・パラリンピック推進室は、県内通過が土、日曜になったことを「大変な幸運。多くの県民が参加でき、山梨を世界に発信する絶好の機会となる」と歓迎している。

 県は今月中に、ルート選定や聖火ランナーの選出方法などを決める検討委員会を設置し、年内をめどに素案をつくる。

 同室によると、各都道府県がルートを選定するが、大会組織委は(1)できるだけ多くの人が観覧できる(2)警備を含め安全かつ確実に実施できる-の2つを原則にしているという。

続きを読む