産経ニュース

【高校野球群馬大会】大泉・長沢瑞樹主将 ひたむきに練習、仲間から信頼

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球群馬大会】
大泉・長沢瑞樹主将 ひたむきに練習、仲間から信頼

 主将で4番、ポジションは捕手。強肩を生かしたバッティングと温和な性格でチームを引っ張ってきた。

 「一球一球、全部打とう」と意気込んで迎えた初回に内角のスライダーを見逃し三振。「手を出せなかった」と唇をかみしめた。八回表、前橋工に適時三塁打を許すと、制球が乱れた投手・中村に駆け寄って「ピンチだけど楽しんでいこう」。笑顔を絶やさず、仲間を励ました。

 小学4年から野球を始め高校で捕手に。責任感の強さを買われ、昨秋に新チームの主将を任された。「優しすぎる」という上級生からの心配をよそに、ひたむきに練習に取り組む姿はチームメートから絶大な信頼を得た。

 「さあ元気にいこう」

 0-5と、崖っぷちに立たされた九回裏。主将のかけ声でチームは覇気を取り戻した。割れんばかりの声援を背に犠打を決め、1点を取り返した。チームがひとつになった瞬間だった。

 高校最後の夏大会を終えて「あっという間だった」と涙を流しながら、「頼りない主将だったが、ついてきてくれてありがとう」と仲間に感謝した。

 熱い戦いを心に刻み、球場を後にした。 (糸魚川千尋)