産経ニュース

【高校野球群馬大会】前橋工、ソツなく得点 常磐はコールド発進

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球群馬大会】
前橋工、ソツなく得点 常磐はコールド発進

 第100回全国高校野球選手権県大会は11日、上毛新聞敷島球場で1回戦2試合を行い、前橋工と常磐が勝ち上がった。

 着実に点を重ねた前橋工はリードを守り抜いた。二回に4番斉藤陸が二塁打を放ち、7番城田の内野ゴロの間に生還し先制。八回には、3番高橋の適時三塁打と代打・岡田の犠打で2点を挙げ、大泉を下した。

 常磐は、初回に二塁打と三塁打を放ち2点を先制した。八回にも5番篠崎の3点適時二塁打などで5点を奪った。投げては宝示戸が無失点に抑え、八回コールドで藤岡北を下した。