産経ニュース

ライチョウひな4羽孵化 那須どうぶつ王国園長「うれしい」

地方 地方

記事詳細

更新


ライチョウひな4羽孵化 那須どうぶつ王国園長「うれしい」

 那須どうぶつ王国(那須町大島)は11日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウの卵からひな4羽が孵化(ふか)したと発表した。上野動物園(東京都台東区)で産卵された受精卵4個を6日に受け入れ、孵卵器(ふらんき)で温度や湿度を管理しながら人工孵化を目指していた。

 那須どうぶつ王国によると、10日夕に2羽、11日未明と早朝に2羽がそれぞれ孵化した。性別は不明。4羽のうち10日に孵化したひなの体重は約17グラムで元気に歩き回っているという。

 佐藤哲也園長は「無事に孵化してうれしい。状態は4羽とも良好。昨年の経験を生かして、しっかりと育てていきたい」と話した。(伊沢利幸)